top of page
  • 執筆者の写真洋 武田

リバウンドしないダイエット方法とは?


こんにちは、トレーニングサロンB-CHANGEです。



前回の記事は、筋トレで効果を得るために大切なことのお話でした。トレーニングをするならば、正しい知識で効率よく成果を出したいですよね。




今回はリバウンドについてのお話です。


「せっかく痩せたのに、体重が戻ってしまった」「リバウンドで今までにないくらい体重が増えてしまった」など、このような経験のある方いらっしゃいませんか?


ダイエットにおけるリバウンドとは、ダイエット後にダイエット前の体重に戻ってしまうことです。


ちなみに日本人のダイエット経験者のうち、約8割強がリバウンドを経験しているというデータもあります。



ではリバウンドをしてしまう原因は一体なんなのでしょうか?




短期間でやりすぎている


体重が減少すると、「生命の危機だ!」と脳が判断し、体重を元の状態に戻そうと働きます。短期間で痩せようとするダイエットほどその力が強くなります。

1ヶ月で落としていい体重は現体重の3〜5%までです。ダイエット期間は短期間でなく、少なくとも3ヶ月はかけて実施することをお勧めします。




我慢が多すぎる


今まで普通に食べていたものが食べられなくなるなどの「我慢している」という気持ちの連続は心理的ストレスが高くなり、どこかのタイミングで爆発してしまう可能性が高くなります。

好きなものを週1回食べるなどの息抜きも大切です。




食事制限をしすぎている


体重を減少させるためには、摂取カロリー<消費カロリー のバランスにしてあげることが大前提となります。しかし、極端なカロリー制限は体が低燃費状態となり、次の食事でエネルギーをたくさん吸収しようとしてしまいます。


食事を減らせば痩せるのは間違い無いですが、減らしすぎは厳禁です!


体重を落としたい時の摂取カロリーの目安は、活動代謝ー400キロカロリーくらいがベターです。




運動不足である


食事だけで痩せようとすると脂肪とともに筋肉も落ちてしまいます。体重が落ちたからといって元の食事に戻すと以前よりも太りやすい体質に…

リバウンドしないためには、運動を取り入れて筋肉量の低下を防ぐことが大切です。




睡眠不足である


睡眠時間が短くなると、食欲を抑えるホルモン【レプチン】が少なく、食欲を促すホルモン【グレリン】が多くなるため、痩せにくい体に繋がります。

理想の睡眠時間は6〜7時間です。




リバウンドしないためには、我慢しすぎず長期的に行うことが大切です。


「過去のリバウンドからなかなか痩せない」

「自分の食生活はこれでいいの?」

「一人で運動してもなかなか続かない」


そんなお悩みありませんか?


当店のトレーナーも、大学4年間で10Kg太ってしまったことが筋トレを始めたきっかけです。


そんなダイエット経験のあるプロのトレーナーの指導のもと、一緒にトレーニングしませんか?


当店の会員様はジム初心者の方が多いです。ぜひお気軽にご連絡ください!


まずは体験から▶︎【体験予約をする】










閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page