top of page
  • 執筆者の写真洋 武田

鶴岡整体|B-CHANGEの整体、スポーツ整体とは

更新日:6月30日


同じ診断名や同じ部位の痛みだとしても、お悩みは人それぞれ違います。



どうなりたいかなどと言った理想やご希望も違います。



B-CHANGE代表の武田は、約8年間整形外科クリニックで理学療法士として経験を積んできているため、知識や技術はもちろんのこと、様々なお悩みの対して[根本原因]を見つけ出し、アプローチすることが可能です!



病院や整形外科ではドクターがレントゲンやMRIなどを用いて、診断名(病名)をつけてくれます。その結果、湿布や痛み止め、電気治療、もしくはリハビリなど処方してくれるかと思います。



ただ、なぜそこが痛くなってしまったのか、なぜその症状が出ているのか、なぜ関節が変形してしまったのか、あなたのお悩みの“原因”を教えてくれるところはほぼないと思います。

※年齢や筋力低下はもちろん関係してきますが、それだけで痛くなるのであれば、全員が同じようなタイミングで痛くなるはずです。



湿布や痛み止め、電気治療などは、いわゆる対症療法です。それは痛みの“原因”にアプローチするのではなく、今起きている炎症や痛みに対する治療法です。



もちろんこれも炎症が起きているときや痛みが強い場合は重要になりますが、そこを改善したとしても、根本原因を解決していなければ、再び炎症を起こしてしまう可能性が高いです。痛みを繰り返してしまうんです。




例えばギックリ腰の方。


何度も繰り返していませんか?


「毎年この時期になるとギックリしてしまう…」

「仕事が忙しく疲れてくると、ふとした時にやっちゃう…」


その痛み自体は安静にしたり、湿布や痛み止めコルセットなどの固定などで、徐々に楽になっていきます。ただ、なぜギックリ腰になるのか、皆さん知らないですよね?きっと教えてくれるところがないので、知らないだけなんです。




スポーツをしている学生さんの場合も同じです。


なぜその怪我をしてしまったのか、なぜ運動をすると同じところが痛くなってしまうのか、知らない人が大半ですよね?それは教えてくれるところがないからなんです。


もちろん痛みが強い場合は練習を休んで、安静にすることも大切ですが、休んだだけでは根本解決にはなりません。なぜ痛くなるのか、どんなメカニカルストレスがかかって痛みに繋がっているのか、ここにアプローチしていかないといつまで経っても休めば良くなるけれど、運動すると痛みが出てしまう…という負のスパイラルに陥りやすいんです。




どんな痛みにも、必ず“原因”があります!




B-CHANGE代表の武田は、身体の機能改善のプロである理学療法士です。




【腰痛、頭痛、肩こり、反り腰、猫背、巻き肩、ストレートネック、O脚、X脚、膝痛、腱鞘炎、骨盤、産前産後のお悩み、スポーツ障害】など、なぜその痛みが出ているのか。



どこにエラーが起きて、どの動作が原因で、今現在の痛みや症状・お悩みに繋がっているのか、全て丁寧に評価した上で、原因の説明・解決策のご提案をさせていただいており、根本改善が可能です!お一人おひとりに合わせた施術やセルフケア指導、カウンセリングも含めて様々なお悩みに対してアプローチし、その"予防"まで完全サポートします。





こんなお悩みありませんか??


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


  • なかなか痛みが改善しない、繰り返している

  • 湿布や痛み止め、電気治療、注射を継続している

  • なぜ痛いのか、原因を知らない

  • 関節の変形などで手術を勧められているが、できればしたくない

  • 肩こり・腰痛など、慢性的になってしまっている

  • 整形外科や整骨院等に通っておりそのときは良いが、またすぐに戻ってしまう

  • 普段の生活では痛くないが、スポーツ時に痛みがある

  • 成長痛と言われたが、なかなか痛みが改善しない

  • 捻挫を複数回繰り返してしまっている

  • 怪我・痛みなく、スポーツに専念したい

  • もっとパフォーマンスを上げていきたい




整体、スポーツ整体、姿勢改善などお任せください!!!

根本原因を見つけ出し、一緒に解決していきましょう!!




気になる方は「カウンセリング ¥500」からでもご予約承っておりますので、お気軽に公式LINEの方からご連絡いただけますと嬉しいです。


B-CHANGE代表である理学療法士・武田の施術風景
閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page